文字サイズ変更
さいたまこくほweb
  トップページ  
お知らせ
今月の医療と健康
国保連合会の紹介
医療保険のしくみ
国保Q&A
介護Q&A
介護サービス苦情相談
まもるくんパーク
保険医療機関コーナー
健診等実施機関コーナー
介護事業者コーナー
障害者総合支援事業者コーナー
リンク
サイトマップ
 
トップページ >> 国保Q&A >> 国保利用のポイント >> 保険税(料)や医療費で控除が受けられる?
国保Q&A→国保利用のポイント
保険税(料)や医療費で控除が受けられる?
 納めた保険税(料)は、社会保険料控除の対象になります。また、被保険者とその家族が1年間(1月~12月)に支払った医療費の合計が一定額を超えた場合、確定申告をすると医療費控除として所得から差し引くことができ、税額が軽減されます。くわしくは最寄りの税務署におたずねください。
   
医療費控除の対象となる主な医療費
 
  • 医療機関に支払った治療費
  • 治療や療養に必要な医薬品の購入費
  • 入院時の食事療養の自己負担
  • 出産に伴う定期検診や検査などの費用
  • 傷病によりおおむね6か月以上寝たきりの人のおむつ代で医師の証明書があるもの
  • あんま、はり、きゅう、マッサージ、柔道整復師の施術料
  • 訪問看護ステーションの利用料
  • 介護保険法にもとづく居宅サービスを受ける際の自己負担 など
   
医療費控除の対象とならない主な医療費
 
  • 健康診断、人間ドックの費用
  • ビタミン剤など治療に関係ない医薬品の購入費
  • 入院時の身の回りのものの購入費
  • 入院時、治療とは関係なく本人の希望でとった出前の代金や特別室料
  • 単なる疲労回復のためのあんま、はり、きゅう、マッサージ、柔道整復師の施術料
   
医療費控除額の計算方法
 
医療費控除額
(最高200万円)
医療費控除の
対象となる
医療費
生命保険会社
からの保険金
10万円または
所得総額の5%の
いずれか少ないほう

このページのTOPへ


(C)2004 saitama-kokuhoren