文字サイズ変更
さいたまこくほweb
  トップページ  
お知らせ
今月の医療と健康
国保連合会の紹介
医療保険のしくみ
国保Q&A
介護Q&A
介護サービス苦情相談
まもるくんパーク
保険医療機関コーナー
健診等実施機関コーナー
介護事業者コーナー
障害者総合支援事業者コーナー
リンク
サイトマップ
 
トップページ >> 国保Q&A >> 国保利用のポイント >> 保険が使えないときは?
国保Q&A→国保利用のポイント
保険が使えないときは?
 保険(国保)が使えるものは、決められています。単なる疲労回復や美容目的の整形など病気とみなされないものや、業務上の病気やけがなどでは国保は使えませんので、かかった医療費については、全額自己負担となります。
   
こんなときは保険(国保)が使えません
 
病気とみなされないもの
健康診断、人間ドック
予防注射
正常な妊娠、分娩
歯列矯正
軽度のわきがやしみ
美容整形
経済的な理由による妊娠中絶


業務上のけがや病気
 雇用主が負担すべきものなので、労災保険の対象となります。


保険証の使用を制限されるもの
故意の犯罪行為や故意の事故
けんかや泥酔などによる疾病
医師や保険者の指示に従わなかったとき

  参照ページ >> どんなときに保険が使えるの?



このページのTOPへ


(C)2004 saitama-kokuhoren