文字サイズ変更
さいたまこくほweb
  トップページ  
お知らせ
今月の医療と健康
国保連合会の紹介
医療保険のしくみ
国保Q&A
介護Q&A
介護サービス苦情相談
まもるくんパーク
保険医療機関コーナー
健診等実施機関コーナー
介護事業者コーナー
障害者総合支援事業者コーナー
リンク
サイトマップ
 
トップページ >> 今月の医療と健康 >> トピックス
今月の医療と健康
トピックス
 
バックナンバーはこちらへ
“肝臓をいたわり、健康を守ろう

写真肝臓は、機能が低下しても自覚症状が現れにくいことから“沈黙の臓器”と呼ばれ、症状が出たときには「肝硬変」や「肝がん」など命にかかわる病気に進行している場合があります。今回は、肝臓を弱らせる原因を解説、肝臓を守る生活習慣のポイントをご紹介します。


■“人体の化学工場”と称される肝臓の働き

肝臓は体内で最大の臓器であり、数百種類にも及ぶ重要な働きを担っています。

肝臓の主な働き

①解毒する

体にとって有害な物質(アルコール、薬剤など)や老廃物(アンモニアなど)を無毒化し、尿とともに体外に排出する。

②消化を助ける

胆汁を生成し、脂肪の消化・吸収を助けて胃や腸の働きを高める。

③栄養素の加工や貯蔵を行う

食事でとった栄養素を、体が利用できる形に変えて貯蔵し、必要に応じて血液を介して全身に送る。

■チェック! 肝臓の病気と進行

肝機能の低下を放っておくと、最悪の場合、命にかかわります。原因を理解し、対策に取り組みましょう。

肝臓の主な病気 原因
脂肪肝 肝臓に中性脂肪がたまりすぎた状態。食べすぎや飲みすぎ、運動不足などが原因
非アルコール性脂肪肝炎(NASH) 飲酒習慣がないから肝臓には自信があるという人も、油断は禁物です! お酒を飲まない脂肪肝で起きた肝炎。内臓脂肪がたまっている人に多く、肝硬変や肝がんに進むことも
アルコール性肝炎 大量にお酒を飲む人が脂肪肝からさらに肝炎を招いた状態
ウイルス性肝炎 B型・C型肝炎ウイルスによる肝炎が多い(血液等を介した感染による)。今まで一度も肝炎ウイルス検査を受けていない人は受診を
進行
慢性肝炎 肝臓の細胞が壊されていく。進行するまで症状はない
※急性肝炎の場合はだるさや吐き気、黄疸などの症状がみられます
進行
肝硬変 肝臓の細胞が線維化して、肝臓が機能しなくなっていく
肝がん 肝炎や肝硬変からなることが多く、大半は肝炎ウイルスが原因だがNASHでなることも

■肝臓の“SOS”に気づくには、「健診・検査」が不可欠!

 早期に肝機能の低下に気づき、悪化を防ぐために最も有効な対策は、定期的に健診を受けることです。健診では、採血を行い、血液検査の数値から肝臓の状態を調べます。
また40~74歳までの方は、肥満(内臓脂肪の蓄積)に着目した「特定健診」(市町村や職場で実施される)を受診できます。「年に一度の受診のチャンス」を逃さずに、必ず受けて、肝臓の異常の“早期発見”に役立てましょう!
なお、ウイルス性肝炎については、肝硬変や肝がんをおこしやすいC型、B型ウイルスの感染の有無を検査で調べることが大切です。40歳以上でいままで一度も検査を受けていない人は、肝炎ウイルス検査を受けましょう。保健所での検査実施や、特定健診とともに検査を受けられる場合もあります。

■実践! 肝臓をいたわる生活習慣3つのポイント

食事や運動など生活習慣の改善が、肝臓をいたわることにつながります。以下の3つのポイントを、できることから実行してみましょう!

ポイント1 お酒との付き合い方を見直そう

お酒の飲みすぎは、アルコール性の脂肪肝の原因となります。以下の適量を守って飲み、週に2日は休肝日を作りましょう。
※女性や高齢者は男性よりもアルコールの影響を受けやすいので、下記の半量が目安です。

1日の適切な飲酒量
ビール 中びん1本(約500mL)
日本酒 1合(約180mL)
焼酎・泡盛 2/3合(約120mL)
ワイン グラス2杯(約240mL)
ウイスキー・ブランデー ダブル1杯(約60mL)
※酒量は目安としてご活用ください。

ポイント2 食べ過ぎは禁物! 食事の量・内容を改善しよう

肥満になると肝臓に脂肪がたまり、肝機能が低下してしまいます。適正な食事量と栄養バランスに気を付けて、肥満の予防・改善を目指しましょう。

食べ方を整え、食事量を適正にする ▶よくかみ、ゆっくりと食べて食べすぎを防ぐ
▶3食きちんととり、欠食はしない
肝臓の働きをサポートする栄養素をとる
  • ▶野菜類、海藻類、キノコ類、豆類などビタミン・ミネラル、食物繊維をとり、肝臓への負担をやわらげる
  • ▶白身魚、低脂肪牛乳、青魚、納豆・豆腐などの良質なたんぱく質をとり、肝臓の再生能力を助ける

ポイント3 身体活動・運動を行う

ウォーキングなどの有酸素運動で脂肪を燃やして適正体重を保ち、肥満を予防しましょう。運動をする時間がなかなかとれない場合は、以下のように日常生活で身体活動量をアップしましょう。

  • ▶歩く距離を増やす(買い物を徒歩でする、通勤時に一駅歩いてみるなど)
  • ▶エレベーターやエスカレーターをやめ、階段を使う
  • ▶買い物などは車ではなく徒歩、自転車を使う
  • ▶家事をこまめに行い体を動かす

症状に気づいてから「もっと早く健診・検査を受診し、生活改善していれば…」と後悔しないために、肝臓を守る生活を、今日からさっそく始めましょう!

<参考資料>
「肝臓病の危険がある人へ」東京法規出版
「脂肪肝」東京法規出版
「ご存じですか?NASH」東京法規出版
「肝炎ウイルス検査を受けましょう」東京法規出版

 
 
このページのTOPへ


(C)2004 saitama-kokuhoren